カーペット・ラグ

玄関カーペット・ラグやキッチンカーペット・ラグ、お風呂の足ふきカーペット・ラグなど、用途や素材がいろいろあります。汚れの程度や素材に合わせてお手入れをして、清潔に保ちましょう。

洗濯するときは、大物洗い用ネットに入れると便利です。干す時にはM字干しにすると、早く乾かせます。洗えないときは、消臭スプレーでニオイもすっきり落としましょう。

洗い方の手順

洗う前に

表示をチェックして、家庭で洗えるかどうかを確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→家庭では洗えません。クリーニング店へ依頼しましょう。
水洗い不可・ドライマーク

カーペットやラグについているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。
  • カーペットなどの大きなもののお洗濯には、サッとしみ込んですすぎやすい液体洗剤がおすすめです。
ホコリなどの汚れを取り除きます。
物干し竿や手すりなどにかけて、布団たたきなどでたたいてホコリや食品くずなどの汚れを落としておきます。
目立つ汚れがある場合は前処理をします。
汚れた部分にえりそで用の部分洗い剤をつけて、容器の先で軽くたたきましょう。液体洗剤の原液をつけたときは洗濯ブラシの背などで軽くたたきましょう。食べこぼしやお漏らしなどのシミがある場合は、液体酸素系漂白剤か、しみ用の部分洗い剤をつけておきます。

カーペットの表示に「中性」の文字がある場合は、おしゃれ着用洗剤の原液をつけます。

洗濯ネットに入れます。
洗濯機で洗う場合は大物洗い用の洗濯ネットに入れて洗うと、洗濯機に収めるのに便利です。キルティング製品の場合はステッチ糸の傷みも防げます。汚れている部分が外側になるように洗濯ネットの大きさに合わせて屏風のようにたたんでから(屏風だたみ)、ロール状に巻いて入れます。
まず、汚れた部分を外側にして屏風だたみにする。 まず、汚れた部分を外側にして屏風だたみにする。

まず、汚れた部分を外側にして屏風だたみにする。

洗剤液が入るすき間をつくりながら、屏風だたみにしたものをくるくる丸める。 洗剤液が入るすき間をつくりながら、屏風だたみにしたものをくるくる丸める。

洗剤液が入るすき間をつくりながら、屏風だたみにしたものをくるくる丸める。

おせんたく

洗濯機で洗います。
大物洗いコースや毛布コースをセットして洗います。
素材にあった漂白剤を一緒に入れて洗うと除菌・除臭もできます。

漂白剤で除菌・除臭

漂白剤にはシミや汚れの色素を分解するほかに、除菌・除臭の効果もあります。お漏らしなどの尿汚れや身体から出るニオイなどを取り除いて、さっぱり洗い上げましょう。

柔軟仕上げをします。
柔軟剤は、衣料を柔らかくするほか、洗濯じわを減らしたり、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイがつくのを抑える効果のある柔軟剤があります。目的に応じて使い分けましょう。

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
洗濯じわを防ぐため、脱水後はすぐに取り出し、手で形を整えます。
洗濯竿を2本使って、M字型に干します。
空間を作って風が通るようにするために、洗濯竿を2本使ってM字型に干しましょう(M字干し)。早く乾きます。
風が通るようにM字干しすると乾きが早い。

風が通るようにM字干しすると乾きが早い。

ウール素材や、裏の滑り止めにポリウレタンが使われている場合、また、色あせが心配な場合は、陰干ししましょう。

おせんたくしないときのお手入れ法

日ごろのお手入れ

掃除機などでホコリを取って、風通しのよいところで干しましょう。

汚れやニオイが気になるときのお手入れ

  • 汚れやニオイが気になるもののすぐにお洗濯しないときや、お洗濯できないものは、布製品用の清潔キープ剤でお手入れをしましょう。
  • カーペットから20cmくらい離して、表面がしっとりする程度にスプレーします。
  • 自然乾燥させると、嫌なニオイが取れてスッキリします。

ニオイを予防するには・・・

清潔キープ剤を使いましょう。おせんたくできないカーペットなどにも使えます。

清潔キープ剤の使い方
気づいたときにスプレーします。使い続けると効果的です。

素材によっては色落ちしたり、シミになる場合があります。目立たない部分で試してから、お使い下さい。

部分汚れやシミのお手入れ

  • カーペットやセンターラグなど、厚みのある敷物についたシミなどは、中に汚れを押し込めないように表側から布などでつまみ取ったり拭き取るようにします。
  • 食べ物をこぼしたり、お漏らしなどで汚した場合は、すぐにティッシュペーパーや乾いたタオルなどで、汚れを拭き取っておきましょう。

シミの種類に合わせて、薬剤を含ませた布やタオルなどで、シミの部分をつまみ取るようにします。

タオルでつまみ取る
  • 油性のシミはまず溶剤で、次に洗剤液でつまみ取り、それでも落ちないときは漂白剤をつけます。
  • 水溶性のシミは洗剤液でつまみ取り、それでも落ちないときは漂白剤をつけます。
  • 洗剤液は、水100ccにおしゃれ着用洗剤2mlを溶かしたものを使います。
  • 漂白剤は、液体酸素系漂白剤、またはしみ用部分洗い剤を使います。
  • 洗剤や漂白剤は、最後に水でぬらしたタオルで拭きとります。
  • 薬剤によっては、カーペットの素材を傷めたり色落ちする場合があるので、必ず目立たない部分で試してから使ってください。
  • 溶剤を使うときは、火気のない場所で窓をあけるなど換気をよくして使ってください。
  • つまみ取るときは、パイルなどの毛並みが抜けないように注意しましょう。