ブラジャー

肌に触れて擦られやすいアイテムです。肌触りを良くして、レースや刺繍などの装飾を傷めずにお洗濯することが大切です。

洗濯ネットに入れて型くずれを防ぎます。形を整えて干します。

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示をチェックして、洗い方を決めます。
洗濯機弱水流マークの場合
→弱水流や手洗いコースなどで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースや手でやさしく洗います。
手洗いマーク

取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

肌が乾燥したり敏感な方のブラジャーには、しっかり洗えて繊維に残りにくい洗浄成分の乾燥・敏感肌を考えた洗剤があります。

目立つ汚れは前処理をします。
肌が直接触れるカップの内側などに、えりそで用の部分洗い剤や使用する液体洗剤の原液をつけて前処理をします。
洗濯ネットに入れます。
ホックをとめて、目の細かい小さめのネットに入れます。胸パッドがついている場合は、はずして一緒に入れます。ブラジャー専用の洗濯ネットもおすすめです。
フックをとめてから洗濯ネットに入れる。

ホックをとめてから洗濯ネットに入れる。

おせんたく

洗濯機、手洗い、どちらで洗う場合もできるだけやさしく、以下の手順で行いましょう。

洗濯機で洗う場合
洗濯物を詰め込み過ぎず、洗濯物がスムーズに動き回る程度の洗濯物を入れます。他の洗濯物の重量で、ブラジャーの形が変形してしまうことがあるので、注意しましょう。

濃い色のものは、色落ちすることがあるので、別洗いにします。

柔軟仕上げをします。
柔軟剤は衣料を柔らかく滑らかにし、着脱などで生じる静電気を防ぐ効果があります。そのほかに、洗濯じわを減らしたり、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイがつくのを抑える効果のある柔軟剤があります。目的に応じて使い分けましょう。

乾燥・敏感肌などで特に肌触りを気にされる方には、肌と衣料との摩擦を抑え、衣料による刺激をやわらげる柔軟剤があります。

短時間で脱水します。
変形を防ぐために、脱水は短時間で行いましょう。
手洗いの場合
洗濯おけなどに標準使用濃度の洗剤液を作ります。
洗剤液の中で軽く振り洗いし、カップ部分をやさしくつかみ洗いします。
胸パッドは取りはずして、別洗いします。
洗濯と同じ方法で、2回水をとりかえてすすぎます。肌触りとニオイ対策に柔軟剤で仕上げましょう。
タオル2枚を使って、内側と外側から水分を吸い取ります。

干す

干す前に形を整えます。
型くずれを防ぐために、脱水後はすぐにとり出します。洗濯ネットから取り出し、カップの形やレース部分、ワイヤーなどをきちんと整えます。
小物干しに干します
アンダーバストライン部分をはさんで陰干しにします
2カ所をはさんで吊るす

2カ所をはさんで吊るす

たたむ・収納

適切な方法でたたみます。

一般的なブラジャーのたたみ方

一般的なブラジャーのたたみ方 一般的なブラジャーのたたみ方 一般的なブラジャーのたたみ方
一般的なブラジャーのたたみ方 一般的なブラジャーのたたみ方

シームレスカップ(カップに縫い目がないタイプ)のたたみ方

シームレスカップ(カップに縫い目がないタイプ)のたたみ方 シームレスカップ(カップに縫い目がないタイプ)のたたみ方 シームレスカップ(カップに縫い目がないタイプ)のたたみ方

立てて収納します

縦に立てて収納すると一目で判別でき、取り出しやすくなります。カップの形をつぶさないために詰め過ぎず、ゆったり収納しましょう。

立てて収納します