水着

お気に入りの水着を色あせなく長持ちさせるために、上手にお手入れしましょう。

着用後は、その場ですぐに水洗いします。長時間濡れたままにしないようにします。帰宅したら、すぐに洗剤で洗います。

洗い方の手順

着用した後に

脱いだらすぐに、その場で水洗いします。
海水の塩分やプールの塩素が色落ちや繊維の劣化につながるため、水洗いをする必要があります。
適切な方法で持ち帰ります。
色移りを防ぐために、濡れた水着やスイムキャップなどを色落ちしないタオルに包み、別々の袋に入れます。

車のトランクルームは特に夏は高温状態になるので、長時間入れないようにしましょう。

洗う前に

表示をチェックして、洗い方を決めます。
洗濯機弱マークの場合
→弱水流や手洗いコースなどで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースや手でやさしく洗います。
手洗いマーク

衣料についているタグや、取り扱い絵表示の裏などに記された注意書きも確認しておきましょう。

おしゃれ着用洗剤を用意します。
色あせや型くずれを防ぐために、おしゃれ着用洗剤を使いましょう。
落ちにくい汚れがある場合は前処理します。
サンオイルなどで汚れた部分にはおしゃれ着用洗剤の原液を、シミには液体酸素系漂白剤かしみ用の部分剤洗い剤をつけておきます。

素材によってはシミになる場合があるので、目立たない部分で試してから使います。

洗濯ネットに入れます。
水着は型くずれしやすくデリケートな素材です。型くずれを防ぐために、洗濯ネットに入れて洗いましょう。肩ひもやリボンなどの絡まりも防げます。ホックやファスナー、ボタンなどがついている場合は、とめておきます。
ビーズやスパンコール、コサージュなど、お洗濯中に取れる可能性のある装飾がついているときは、裏返してから洗濯ネットへ入れましょう。

洗う

洗濯機、手洗い、どちらで洗う場合もできるだけやさしく、以下の手順で行いましょう。

洗濯機で洗う場合
柔軟剤自動投入ケースに適量の柔軟剤をセットし、洗濯機のやさしく洗うコースで洗います。洗濯液は30度以下にしましょう。

水着に砂がついたまま洗うと洗濯機を傷めることがあるので、手洗いする方がよいでしょう。

洗いとすすぎが終わったら、型くずれしないように短めに脱水します。
手洗いの場合
洗濯桶や洗面ボールなどに水を張り、おしゃれ着用洗剤を溶かして洗剤液を作ります。
全体を「押し洗い」や「つかみ洗い」でやさしく洗います。胸のパッドなど外せるものは、外して別洗いします。

編み目に入り込んだ砂は、布地を軽く引っ張って落としましょう。布地が重なっている部分は裏返してのばし、砂を落とします。

なめらかに仕上げて肌触りをよくするために、柔軟仕上げをします
型くずれしないように、短めに脱水します。

干す

干す前に形を整えます。
型くずれを防ぐために、脱水後はすぐに取り出します。縦横に軽く引っ張って形を整えます。
女性用の水着の場合は、胸のカップ部分もていねいに形を整えましょう。
縦横にまんべんなく引っ張る
小物干しに干します。
色あせを防ぐために、またポリウレタンは日光に弱い素材なので陰干しにします。
女性用の水着の場合は、肩ひもをつまんで干すとのびやすいので、脇やアンダーバスト部分をはさんで干します。

水着は型くずれしやすく、熱に弱い素材なので、回転式衣類乾燥機の使用は避けてください。

たたむ・収納・保管

湿気の少ないところに、たたんで保管します。
つぶれないように収納します。
胸部分に丸みがあるタイプは、押しつぶさないにゆったりと収納します。長期保管する場合は、特に気を配りましょう。ポリウレタン入り素材は湿気に弱いので、引き出しに収納するときは極力湿気の少ない上の段に収納します。