ゆかた

プリント染めや混紡のゆかたは、洗濯ネットに入れて、洗濯機でも洗うことができます。

色落ちを防ぐため、単独で素早く洗います。平らな台に置いて、たたいてしわをのばします。

洗い方の手順

洗う前に

取り扱い絵表示を見て、家庭で洗えるかどうか確認します。
洗濯機マークや手洗いマークの場合
→家庭で洗えます。
洗濯機マーク 手洗いマーク
水洗い不可・ドライマークの場合
→クリーニング店へ依頼しましょう。
水洗い不可・ドライマーク

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

大切な衣料を洗う場合は、「中性」の表示がなくても、色あせや型くずれを防ぐおしゃれ着用洗剤がおすすめです。

衿にしつけをかけます。
衿は布が重なっているので、洗濯時に中でよれないように、しつけ糸や木綿糸などで、ざっくりと縫っておきましょう。
衿にしつけをかけます。
目立つ汚れがある場合は前処理します。
裾やたもと、衿元部分の汚れにはえりそで用の部分洗い剤をつけます。食べ物などのシミには、液体酸素系漂白剤をつけておきましょう。
中性洗剤などの原液を汚れに直接つけてたたく。

取り扱い絵表示に「中性」の表示がある浴衣の裾やたもと、衿元部分の前処理には、中性のおしゃれ着用洗剤の原液をつけます。

洗濯ネットに入れます。
洗濯機で洗う場合はたたんでから洗濯ネットに入れましょう。たたむときは、背縫い部分を折って袖と袖を合わせる「袖だたみ」にして、丈を三つ折りにします。
両袖を合わせ、背縫いに添ってたたむ。

両袖を合わせ、背縫いに添ってたたむ。

おせんたく

やさしく洗います。
洗剤液にしっかり沈め、表示に合わせたコースでやさしく洗います。
洗濯機弱マークの場合
→弱水流や手洗いコースで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースで洗います。
手洗いマーク

色落ちしてほかの衣料に色が移る場合があるので、単独で洗いましょう。

柔軟仕上げをします。
アイロンがけの手間を省くために、柔軟仕上げをしましょう。洗濯じわを軽減する柔軟剤がおすすめです。柔軟剤には、洗濯じわを減らすほか、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイの付着を抑える効果がある柔軟剤もあります。目的に応じて使い分けましょう。

干す

干す前にしわをのばします。
洗濯じわを防ぐため、脱水後はすぐに取り出します。平らな台の上にたたんだまま置き、手のひらでたたきます。
形を整えて、陰干しします。
物干しざおや伸縮ハンガーにかけ、形を整えて干しましょう。日光が当たる場合は、裏返して干すようにします。
乾燥後、衿のしつけをはずします。

アイロンがけ

アイロンの温度を生地に合わせて設定します。
取り扱い絵表示を確認して、生地に合った適切な温度を設定しましょう。
綿や麻は、霧吹きで充分に水分を与えてからドライアイロンをかけます。
合成繊維の場合はドライアイロンをかけます。
混紡の場合は、表示温度の低い繊維の温度に合わせます。霧吹きをしながらドライアイロンをかけます。スチームアイロンをかけてもよいでしょう。

プリント柄は熱に弱く、また、藍色のものは、テカリやすいので生地の裏側からかけましょう。

適切な手順でアイロンをかけます。

アイロンがけ
前身ごろ・後身ごろの上部
衿を引っ張りながら、アイロンを軽く滑らすようにかけます。前身ごろをかけてから後ろ身ごろをかけます。

アイロン台の上に袖を整えて置き、内袖(前部分)も外袖(後部分)もかけます。
前身ごろ・後身ごろの下部
下前→後身ごろ→上前の順に少しずつ回しながら、ぐるりとかけます。

色移りを防ぐため、前身ごろと後身ごろの重ねがけはやめましょう。

ハンガーにかけて湿気を取ります。
伸縮ハンガーなどにかけて湿気を飛ばしましょう。

たたむ

適切な方法でたたみます。

洋服とはまったく違うたたみ方です。以下の手順で、きれいにたたみましょう。

左右のおくみを重ねます。衿は内側にたたんで折り込みます。

左右のおくみを重ねます。衿は内側にたたんで折り込みます。

左右の衿を合わせ、半分にたたんで脇縫いを重ねます。

左右の衿を合わせ、半分にたたんで脇縫いを重ねます。

左袖を身ごろの上に折り返し、身ごろを2つ折りにたたみます。

左袖を身ごろの上に折り返し、身ごろを2つ折りにたたみます。

3. を裏返して、右袖を外側に折ります。

3. を裏返して、右袖を外側に折ります。