和装肌着・足袋

和装肌着は肌襦袢や裾よけ、また、それらが一体化したものなど多種あり、レース飾りや紐が多い衣料です。足袋もカラフルな色合いのものが出てきています。

レース飾りや紐がある肌着は洗濯ネットに入れます。大きさや形に合せて干し方を工夫します。

洗い方の手順

洗う前に

表示をチェックして、洗い方を決めます。
取り扱い絵表示がついている場合は表示に従いましょう。
洗濯機弱マークの場合
→弱水流や手洗いコースなどで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースで洗います。
手洗いマーク

パッケージや取り扱い絵表示の裏などに書かれている注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

大切な衣料を洗う場合は、「中性」の表示がなくても、色あせや型くずれを防ぐおしゃれ着用洗剤がおすすめです。

目立つ汚れがある場合は前処理します。
肌着の裾や足袋など、土ぼこりで汚れている部分は、ドロ汚れ用の部分洗い剤をつけます。足袋は容器の先のブラシでこすりましょう。「中性」洗剤指定のあるものは、おしゃれ着用洗剤の原液を直接つけます。シミの部分には、液体酸素系漂白剤やしみ用部分洗い剤をつけておきます。
シミの部分には、シミ用部分洗い剤をつけておきます。

ドロ汚れ用の部分洗い剤をつけます。足袋は容器の先のブラシでこすりましょう。

洗濯ネットに入れます。
肌着はレース飾りや、絡みやすい紐がついているものが多いので、たたんで洗濯ネットに入れます。足袋は事前にコハゼをはめておきましょう。

おせんたく

やさしく洗います。
乱暴に洗うと足袋のつま先などが擦れて、傷みやすくなります。

色落ちの心配がある濃色の足袋は単独で洗いましょう。

柔軟仕上げをします。
柔軟剤には、衣料を柔らかくするほか、洗濯じわを減らしたり、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイがつくのを抑える効果のあるものがあります。目的に応じて使い分けましょう。

干す

干す前にしわをのばし、形を整えます。
洗濯じわを防ぐため、脱水後はすぐに取り出し、しわをのばします。
肌襦袢や裾よけはたたんで両手のひらの間でたたき、しわを取ります。
足袋は縫い目を引っ張ってのばします。
大きさや形に合せて干します。
和装肌着は洋服の肌着に比べ大きく干しにくい、足袋は生地が厚いので乾きにくいなど、それぞれに特徴があるので、工夫して干しましょう。
丈の長い肌着の場合
衿や肩をとめてから、裾を持ち上げてとめると、角ハンガーに干しても裾が地面につきません。
衿や肩をとめてから、裾を持ち上げてとめる
肌襦袢の場合
ハンガーにかけて干します。
ハンガーからすべり落ちるのを防ぐために前の合わせ部をピンチでとめると良いでしょう。
前の合わせ部をピンチでとめて、ハンガーから滑り落ちるのを防ぎます。
裾よけの場合
薄い素材なので、四つ折にたたんでから干すと場所をとりません。
四つ折にたたんでから干す
足袋の場合
乾燥しにくいので、足首の部分を開いて干します。コハゼの部分をピンチで留めれば、ピンチ跡が防げます。
足首の部分を開いて干します。

たたむ・収納

きちんとたたんで、収納します。

和装肌着や足袋は平面的な構造になっているので、たたんで収納しておくと、しわがのびます。