おむつカバー

ウンチやオシッコの汚れがつきやすいアイテムなので、早めのお洗濯が大切です。おむつカバーの素材に注意してお洗濯しましょう。

早めにお洗濯します。柔軟剤でやわらかく仕上げます。

洗い方の手順

洗う前に

表示をチェックして、洗い方を決めます。
洗濯機マークの場合
→標準コースで洗います。
洗濯機マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースや手で洗います。
手洗いマーク

おむつカバーの素材には、合成繊維のほかにウール製品などがあります。パッケージに書かれている説明や注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

ウール100%やウール混紡のおむつカバーは「中性」が指定されていますので、おしゃれ着用洗剤を使い30℃以下の洗剤液で洗いましょう。

ウンチはすぐに拭き取ります。
ティッシュなどでできるだけ汚れを取り除き、ひどい場合は水洗いしておきましょう。
ウンチがついた部分は前処理します。
軽く水洗いをした後、液体酸素系漂白剤かしみ用の部分洗い剤をつけます。
全体にウンチの汚れがついた場合はつけ置き洗いを行います。
40℃程度のぬるま湯に、普段使用している量の酵素入りの衣料用粉末洗剤と酸素系漂白剤を溶かし、その中に1〜2時間つけ置きします。

金属類が使われている場合は漂白剤を使用できません。付属品なども確認しましょう。

洗濯ネットに入れます。
ほつれや型くずれを防ぐために、洗濯ネットに入れましょう。接着テープがある場合は他の衣料を傷めるので、とめてから洗濯ネットに入れます。テープ部分に糸くずなどつかないように目の細かな洗濯ネットがよいでしょう。

おせんたく

漂白剤を入れて洗います。
おむつカバーはバイ菌が繁殖しやすいので、素材に合った酸素系漂白剤を一緒に入れて、適切なコースでお洗濯しましょう。

漂白剤のはたらき

漂白剤は汚れの漂白や除去効果のほかに、除菌・除臭効果があります。バイ菌が繁殖しやすいおむつカバーに活用しましょう。ウール素材には液体酸素系漂白剤が適しています。合成繊維製品には漂白剤入りの衣料用粉末洗剤を使ってもよいでしょう。

柔軟仕上げをします。
洗濯回数が増えると肌触りが悪くなります。赤ちゃんの肌はデリケートなので、肌に接するおむつカバーは柔軟剤でやわらかく仕上げましょう。

干す

形を整えて干します。
脱水後はすぐに取り出し、手で形を整えて干します。
陰干しで、しっかり乾燥させます。

おむつカバーにはポリウレタンが使われているので、直射日光に当てると傷んでしまいます。また、回転式衣類乾燥機は使用できません。