肌着

直接、肌に触れる衣料なので、清潔で肌触りの良い仕上がりが重要です。吸汗性や保温性などさまざまな機能のある肌着も登場しており、機能を生かすにも、上手にお洗濯することが大切です。

汚れはしっかりと落とします。柔軟剤でなめらかに仕上げます。毛羽や装飾があるものは洗濯ネットに入れます。

洗い方の手順

洗う前に

取扱い絵表示をチェックして、洗い方を決めます。
洗濯機マークの場合
→標準コースで洗います。
洗濯機マーク
洗濯機弱マークや手洗いマークの場合
→弱水流や手洗いコースなどで洗います。
洗濯機弱水流マーク
手洗いマークの場合
→手洗いコースや手でやさしく洗います。
手洗いマーク

取り扱い絵表示の裏などに書かれている注意書きも確認しておきましょう。

適切な洗剤を選びます。

適切な洗剤を選びます。

肌が乾燥したり敏感な方の肌着には、しっかり洗えて繊維に残りにくい洗浄成分の乾燥・敏感肌を考えた洗剤があります。

目立つ汚れは、前処理をします。
汚れが目立つ衿などに、使用する液体洗剤の原液や、えりそで用部分洗い剤をつけて軽くたたくか、液体酸素系漂白剤をつけておきます。
洗濯ネットに入れます。
毛羽のあるものやレースなどの装飾があるものは、洗濯ネットに入れましょう。洗濯ネットにはつめこみ過ぎないように、2枚程度にしましょう。

洗う

洗濯機でやさしく洗います。
色あせや風合いを守るために長時間の洗濯や、すすぎすぎ、脱水のしすぎに注意しましょう。

色の濃いものは、色落ちすることがあるので、別洗いします。

柔軟仕上げをします。
柔軟剤は衣料を柔らかくなめらかにし、着脱などで生じる静電気を防ぐ効果があります。そのほかに、洗濯じわを減らしたり、香りが長続きして汗のニオイや食べ物のニオイがつくのを抑える効果のある柔軟剤があります。目的に応じて使い分けましょう。

乾燥・敏感肌などで特に肌触りを気にされる方には、肌と衣料との摩擦を抑え、衣料による刺激をやわらげる柔軟剤があります。

ごわごわした肌着などで摩擦されると、刺激となって、チクチク感やかゆみなどを感じることがあります。
肌着など肌に触れる衣料は柔らかくし、滑りを良くして、肌との摩擦を少なくすることが大切です。

干す

ハンガーにかけて干します。
脱水後はすぐに取り出し、レースや刺繍部分を指でのばして整え、ハンガーにかけて干します。
陰干しします。
ナイロンやポリウレタンが使われている肌着は日光で傷むため、陰干しします。
ナイロンやポリウレタンが使われているものは肌着でも陰干しに。

ナイロンやポリウレタンが使われているものは肌着でも陰干しに。

アクリルやナイロン、ポリエステルなど合成繊維が使われているものは熱に弱いため、回転式衣類乾燥機の使用は避けます。