応急処置編(シミ)

外出先でシミをつけてしまったら、その場ですぐ応急処置をしておきましょう。応急処置をしておくと、帰ってからのお洗濯やシミ抜きが楽になります。

応急処置の方法

市販のシミ取り剤を使うと便利です。
シミを吸い取る下敷きシートもセットされているので、シミの裏側にシートを当てて、容器で直接シミをたたいて落とすことができます。水とハンカチだけでつまみ取るより効率よく落とせます。
市販のシミ取り剤がない場合は、次の手順で処置します。
固形物はティッシュなどでつまみ取っておきます。
シミを取り除きます。
バターやチョコレートなどの油性のシミの場合は、水でシミを落とすことができないので、固形物を取り除いた後に乾いたティッシュで軽くつまみ、油分をできるだけ移し取っておきます。
ジュースや醤油などの水溶性の汚れがしみこんだ場合は、水で濡らしたハンカチなどでつまんで汚れを移し取ります。乾いたハンカチやティッシュで押さえて水分を取り、自然乾燥させます。
タオルをまくと、エリが滑らずのびない。

固形物をつまみ取ってからハンカチに汚れを移し取る。

手のひらの間にはさむか、手のひらを当てれば、早く乾燥でき、しわが少なく済みます。

  • 生地が傷むので、こすったり、強く引っ張ったりしないようにしましょう。特に、ネクタイなどの絹製品は要注意です。
  • 厚手の生地の場合は、シミが中に入ってしまうので、たたかずに汚れをつまみ取るように処置しましょう。
  • 飲食店などで出されたお絞りには、漂白剤が残っている場合があるので、使わないようにしましょう。
  • 帰宅後は、きちんと汚れを落としましょう。
    応急処置で目立たなくなっていても、そのままにすると時間とともにシミが浮き上がってきて、汚れが取れにくくなります。必ずお洗濯かシミ抜きをしておきましょう。