着用じわのケア

衣類を着用した後には、必ず着用じわがついてしまいます。ひどいしわがつくと見栄えが悪くなり、再度着用しにくいものです。手軽な方法でしわを取って、見栄えのよい衣料を着用しましょう。

着用じわの原因

座ったり、寄りかかったり、どこかに引っ掛けたり・・・。人が動くと、必ず衣料に「押しつける」「ねじる」「引っ張る」などの力が加わっています。そもそも繊維には、外からの力が加わっても元に戻ろうとする弾力性がありますが、外から加わる力がその弾力性よりも強かった場合に、「折れ曲がり」や「ゆがみ」が生じます。特に、綿やレーヨンのような親水性の素材は、湿気を含むと折れ曲がりやゆがみを起こしやすい性質を持っているので、湿気を含んだまま着用して乾燥すると頑固なしわとなってしまいます。

着用じわのケア

しわ取り消臭スプレーを利用する
しわ取り消臭スプレーをしわの部分にスプレーしましょう。20cm程度離れた位置から、しわの部分がしっとり濡れる程度にスプレーし、バイヤス方向に手で軽く引っ張りながらしわを整え、吊るして乾燥させます
しわ対応衣料ケア剤をしわの部分にスプレーしましょう。

しわ取り消臭スプレーを使うときの注意

初めて使うときは、目立たない部分で色落ちやしみ、縮みがないことを確認しましょう。

また、1ヵ所に集中してたくさんスプレーしないようにしましょう。特に薄地や淡い色の衣料はシミになることがあるので注意が必要です。レーヨン、絹など使用できない素材やアイテムがあります。製品の表示や注意書きを必ず確認しましょう。

もっとガンコな「しわ」には

しわ取り消臭スプレーを多めにスプレーし、テーブルクロスホルダーなどを裾につけて重みをかけ、吊るして干します。スラックスの場合は裾を上にして、逆さに吊るすとしわがのびやすくなります。

しわの部分の下にテーブルクロスホルダーなどを下げると効果的。

しわの部分の下にテーブルクロスホルダーなどを下げると効果的。

スラックスは逆さに吊るすと効果的。

スラックスは逆さに吊るすと効果的。

しわがついた部分に湿気を加える
綿やレーヨン、ウールなど吸湿性のある素材は、着用後にスチームアイロンをあてたり、浴室に吊るして蒸気や湿気を加えたりして、水分と衣料の重みでしわを伸ばします。これは、衣料の型くずれを防ぐ効果もあります。
アイロンをかける
しっかりしわを取りたいときはアイロンをかけましょう。上手にしわを取るには、水分の量が関係します。綿や麻、レーヨンなどの場合は霧吹きを使って水分を充分加えてからドライアイロンで、ウールや合成繊維の混紡品などの場合はスチームで水蒸気をあてながら、アイロンをかけましょう。合成繊維だけの衣料は温度に注意し、水分は加えずドライアイロンでしわをのばします。