おせんたく・着用中の型くずれを防ぐコツ

衣料はお洗濯したり着用すると、しわや収縮、ヨレなどの型くずれを起こします。それぞれの場面で、ちょっと気を使って、型くずれを防げば、きちんと着用できるでしょう。

洗うときの型くずれを防ぐ

洗濯ネットを活用しましょう。
ニットなどのびやすい衣料や、スラックスなど長くて絡みやすいものは、型くずれしやすいので、洗濯ネットに入れましょう。
乱暴に洗わないようにしましょう。
毛製品や薄手の生地は、乱暴に洗うと収縮したり織り糸がずれて型くずれします。洗濯機は適切な水流やコースを選び、やさしく洗いましょう。
型くずれを防ぐ洗剤を使いましょう。
大切にしたい衣料は、スタイル保持成分が配合されたおしゃれ着用洗剤を使って洗うとよいでしょう。縮みやしわ、ヨレなど型くずれの原因になる素材の変化をおさえて元のスタイルをキープします。

洗濯ジワを軽減する柔軟剤を上手に活用しましょう。

洗濯機を回す前に柔軟剤自動投入ケースにセットするか、2回目のすすぎの水がきれいになったら入れます。

干すときの型くずれを防ぐ

干す前に形をできるだけ整えましょう。
ふりさばいたり、たたいたりして全体のしわをのばし、衿や袖の形を整え、縮んだ縫い目をのばします。編み目はたたいて整え、装飾品があるものは立体的に形を整えましょう
着用している形に干しましょう。
スカートやパンツなど細長い衣料は「筒干し」に、ワイシャツなど衿がある衣料はハンガーで「つり干し」にします。ただし、ニットなど、のびやすい衣料は「平干し」にします。

しわ取り防臭スプレーを活用しましょう。

干す時に縫い目や身ごろに、しわ取り防臭スプレーを使用して、手で軽く布地を斜めの方向に引っ張れば、しわも伸び、型くずれを防げます。

着用での型くずれを防ぐ

続けて毎日の着用はやめましょう。
衣料は着用することで、布地がゆがみ、型くずれを起こします。布地が元に戻るための休息時間を与えましょう
脱いだらしわ取り消臭スプレーを使いしましょう。
しわは型くずれのひとつです。しわの部分がしっとり濡れる程度にしわ取り消臭スプレーを使用し、布地を斜めの方向に手で軽く引っ張りながらしわをのばし、着用しているような形状で吊るして形を整え、乾燥させます。