汗ジミ

スーツやジャケットなど頻繁に洗えないものを着用するときは、汗がつくのを防ぐように工夫し、ついたら早めに応急手当をしましょう。

着用での工夫

下着や汗取りパッドを活用しましょう
下着を着用したり、衣料の脇の下の部分に汗取りパットをつけるなどして、直接汗が衣料につくのを防ぎましょう。
制汗デオドラント剤で汗をおさえましょう
脇の下などに制汗デオドラント剤をスプレーして体から出る汗をおさえておくと、たくさんの汗で服に汗じみがつくのを防ぐことができます。

着用後のお手入れ

脱いだらすぐにお手入れしましょう。
汗が乾かないうちに対処するのがポイントです。常に心掛けを。
タオルに汗を移します。
水でぬらして絞ったタオル2枚を用意し、汗がしみている部分をはさむように両側からおさえて、タオルに汗を移し取ります。汗がしみている周囲から中心に向けて汗が広がらないようにおさえていくのがコツです。
タオルにニオイの元を移し取ります。