部屋干しのニオイを防ぐ

花粉の季節や梅雨の季節だけでなく、1年を通して「夜に洗濯するから」「防犯のために」といった理由で部屋干しをする人が増えています。イヤな“部屋干し臭”の発生を防ぎ、部屋干しを快適にするコツをご紹介します。

「部屋干しのニオイ」には原因が2つ

“部屋干しのニオイ”の原因は洗濯のときに落としきれなかった汚れと菌です。汚れが残っていると、汚れそのものが酸化し、ニオイが発生します。 また、菌が残っていると菌が汚れに作用して、ニオイが発生します。

落としきれなかった汚れの酸化や菌がニオイの原因

落としきれなかった汚れの酸化や菌がニオイの原因

洗うときの対策

汚れを洗剤でしっかり落とし、抗菌効果のある柔軟剤で処理することが大切です。ポイントは次のふたつです。

洗濯で汚れと菌をしっかり取り除く
汚れや菌を効果的に除去する部屋干し対応洗剤でお洗濯しましょう。
干しているときの菌の増殖をおさえる
抗菌効果のある柔軟剤で柔軟仕上げをしましょう。柔軟剤は最後のすすぎ時に加えます。事前に洗濯機の柔軟剤の投入ケースに入れておけば、自動的に投入されます。

干し方にひと工夫

干し方も簡単な工夫をすることで、乾燥時間を短縮しより一層効果的に“部屋干し臭”を防ぐことができます。干し方の決め手は「風通し」「空気の交換」「風の道」の3つです。

風通しのよいところに干しましょう。
部屋の中央など、風が通りやすい場所に干しましょう。窓際のカーテンレールなどにかけて干すのは、カーテンがじゃまになって乾きにくいので逆効果です。
空気を交換しましょう。
扇風機や換気扇を使って、洗濯物の表面の湿気が留まらないように移動させましょう。部屋に湿気がこもらないように、エアコンや除湿機で除湿をしましょう。この場合は、部屋を閉め切ると効果的です。
扇風機や換気扇を使って、洗濯物の表面の湿気が留まらないように移動させましょう。

風の通り道をつくりましょう。

まとめて干すときのポイント
洗濯物同士が重ならないように間隔をあけて干しましょう。
長いものと短いもの、厚手の物と薄手の物を交互に吊るす

長いものと短いもの、厚手の物と薄手の物を交互に吊るす

アイテム別干すときのポイント
布地同士が重ならないように、すき間をあけて干しましょう。
ワイシャツやポロシャツの衿は立て、ボタンファスナーはあける

ワイシャツやポロシャツの衿は立て、ボタンやファスナーはあける

シーツなどの大物は、中にハンガーを何本か入れてすき間をつくる

シーツなどの大物は、中にハンガーを何本か入れてすき間をつくる

厚手の衣料は小物干しを入れてすき間をつくる

厚手の衣料は小物干しを入れてすき間をつくる

フードの中に洗濯ネットを入れて広げる。フードや袖は垂らさない工夫を

フードの中に洗濯ネットを入れて広げる。フードや袖は垂らさない工夫を

バスタオルなど大物を小物干しに干すときは蛇腹(じゃばら)状に干す

バスタオルなど大物を小物干しに干すときは蛇腹(じゃばら)状に干す

キャプ→裏に布の重なりが多いズボンやスカートなどは、裏返しにして筒状につるして干す

裏に布の重なりが多いズボンやスカートなどは、裏返しにして筒状につるして干す