クリーニングの種類と利用する時のポイント

衣料をクリーニング店へ依頼するときは、トラブルにならないように、クリーニング方法を理解し、衣料の確認や点検、店頭での情報伝達をしっかり行いましょう。

クリーニングの種類

ドライクリーニング

水の代わりに石油系溶剤やパークロロエチレンなどの有機溶剤を使って、衣料の汚れを落とす方法です。型くずれや縮み、色落ちが防げ、あぶら汚れをよく落としますが、汗などの水溶性の汚れは落ちにくい特徴があります。スーツ、コート、ドレスなど、水洗い不可表示の衣料や水に濡らすと型くずれや色落ちを起こす衣料に向いています。デリケートな衣料にはドライマークに、洗い方が穏やかな石油系溶剤が指示されています。

チャージシステム

ドライクリーニングでは、汗などの水溶性汚れを、チャージシステムという洗剤を少量入れる方法で落とす工夫がされています。

ランドリー

ワッシャーという専用の洗濯機を使って、お湯と弱アルカリ性洗剤で汚れをしっかり洗う方法です。ワイシャツやシーツ・カバーといったリネン製品の洗濯に適しています。

ウエットクリーニング

水と洗剤を使ってやさしく洗う方法です。ドライクリーニングの後、落とせなかった汗のような水溶性汚れを落としたり、水洗いが適している衣料に行われます。

特殊クリーニング

毛皮製品や皮革製品、着物などに用いられるクリーニングです。特殊な方法で行うため、それぞれの専門店で、適した方法で行います。

クリーニングを利用するときのポイント

依頼する前に衣料の状態を確認しましょう
ポケットの中身は出し、シミがあればその場所を確認します。
ボタンやほつれの有無を確認し、繕っておきます。
お店ではしっかり情報伝達しましょう
事前に汚れやシミがある場所、ほころび箇所を伝えておきます。
洗濯方法や素材、装飾の有無、注意表示など、衣料の特長を伝えます。
スーツなど上下セットの衣料は、色変化を防ぐために上下一緒に依頼します。
クリーニング後は衣料の点検を
紛失を防ぐために、早目に受け取りに行きます。
受け取ったらすぐに汚れ落ちや、衣料の傷み、寸法変化などを点検します。
持ち帰った後はビニールカバーをはずして、陰干しし、水分や溶剤を充分飛ばします。
通気性が悪いので、ビニールカバーをしたままでの保管は避けます。

修理サービス

クリーニング店にほころびやボタンの取れを修理するサービスがある場合は、店に依頼するのもよいでしょう。