裾まつり

パンツやスカートの裾のまつり糸がほつれたままお洗濯すると、ほつれが広がってしまいます。小さなほつれで あっても、お洗濯前に、必ず繕っておきましょう。

スカートやパンツの裾をまつる

裾まつり(裾上げ)の手順

  • ほつれている部分を確認して、糸を引っ張らないように注意しながら、ほつれてしまった糸の端を2〜3cm程度残して切り、残った糸を裾の折り返しの中に入れます。

既製服の場合、ほつれた糸を引っ張ると、さらにほつれてしまうので、慎重に行いましょう。

  • 糸は1本どりで、細い針を使います。布地の裏側から表側を浅くすくい、5〜8mm間隔でまつり縫いをします。布地の裏側から見て糸が斜めに張るように、布地をすくっていきましょう。糸は強く引きすぎないようにします。
布地の裏側から表側を浅くすくい、5〜8mm間隔でまつり縫いをします。

表から見て、まつった縫い目があまり目立たないように、小さな縫い目で表布をすくいます。

  • ほつれた部分だけをまつり縫いするのではなく、ほつれる前の縫い目と5cm程度重なる位置から縫い始め、縫い終わりも同じように、5cm程度ほつれていない部分と重ねます。
ほつれた部分だけをまつり縫いするのではなく、ほつれる前の縫い目と5cm程度重なる位置から縫い始め、縫い終わりも同じように、5cm程度ほつれていない部分と重ねます。
  • 玉結びを作り、折り返しの布の端に針を出して糸を切ります。結び玉は折り返しの布の中に隠します。玉結びをしない場合は折り返し布の部分で3回程度小さく返し縫いをして、最後にその縫い目に糸を通し、1cm程度糸を残して切ります。
玉結びを作り、折り返しの布の端に針を出して糸を切ります。結び玉は折り返しの布の中に隠します。

裾上げテープを活用してみましょう。

縫い物が苦手という人には、アイロン粘着テープや裾上げテープがおすすめです。アイロンをかけるだけで、簡単に裾上げができます。使用上の注意を確認して使いましょう。

アイロンの温度やかける時間などは、裾上げテープの使用方法や衣料の取り扱い絵表示などを見て、調整しましょう。