ゴム通し

袖口や下着のウエストなど、衣料にはゴムが多く使われています。洗濯中にゴムひもが外れて飛び出し、ほかの洗濯物とからまったりしないように、きちんとゴムひもを入れ替えておきましょう。

袖口や下着のウエストのゴムひもを通す

通し方の手順

ゴムの端にゴム通しをつけて、通し穴の入り口から入れていきます。もう片方の端は、切らないでおきます。通していくときにゴムがねじれないように、手元を確認しながら注意深く入れていきましょう。

ゴムの最後の部分に、通し穴より大きい安全ピンをつけておくと、途中で通し穴の中にゴムが入っていってしまうのを防ぐことができます。

ゴムの最後の部分に、通し穴より大きい安全ピンをつけておくと、途中で通し穴の中にゴムが入っていってしまうのを防ぐことができます。

長さの調節をします。

通し終わったらゆるみを均等にして、ゴムをしばるか安全ピンなどで仮止めします。長さの調節をします。

ゴムを切り、ゴムの最初と最後の部分を3cm程度重ねて、マチ針でとめて縫い合わせます。ゴムの出入り口もマチ針でとめると、よりしっかり固定されます。

ゴムを切り、ゴムの最初と最後の部分を3cm程度重ねて、マチ針でとめます。
ゴムにつけたマチ針をはずして、重ねたゴムの端を縫いながら、マチ針をはずします。